スポンサードリンク

就職活動日記Top >  就職虎の穴:面接 >  プレゼン面接<実践編>

プレゼン面接<実践編>

就職活動での「プレゼン面接」では自己PRものが多いと思います。「会社で出来る事・
したい事」などが代表的でしょうか。面接と同様に自己PRと志望動機を語りまくることに
変わりはありません。

就職試験の選考過程のプレゼンテーションは企業内の商品売り込みのプレゼンテーション
とまったく違うので企業から自由なテーマを与えられたとしても「企画」などを提示するよりも、
「自分の長所」などをアピールした方がいいと思います。


企業によっては事前にしっかりとリサーチを行い資料を作ってプレゼンテーションするものも
ありますが、調子にのって「面接官があっと驚く斬新な切り口で新しいことをやってやろう」と
すると落とし穴に嵌ります。


社会人経験もなく、実際の現場の知識やスキルも知らない学生がプレゼンのためだけに
身に付けた付け焼刃の知識で資料作成して発表してもプレゼンの相手である面接官は
その道のプロです。


矢継ぎ早にあなたのプレゼン内容の具体性のなさ、無理のある企画に突っ込んでくる
でしょう。専門用語がガンガン飛び出し、わけのわからなくなったあなたはパニックになって
面接官の質問に何も答えられなくなり、「THE END」です。


プレゼン知識編でもお伝えしましたがプレゼンテーションでは「質問に対して自分の主張
を貫く」ことが大切なので面接官の質問に答えられなくなった時点でアウトなんです。


5分程度の資料を作らないプレゼンでは「インパクト」が大切です。プレゼンの内容うんねん
より面接官に顔を覚えてもらうことのほうが重要です。面接も同様ですけどね。


○ 早口にならないようにゆっくり話す

○ 時間内に話をまとめる

○ 背伸びしたことをいわない

○ マニュアル通りの個性のないことはしない


以上がおおまかなポイントですが原稿を書いてプレゼンの練習をするのは良い事です。
ビデオに撮ってプレゼンの様子を見ておくと改善点が見つかるのでおすすめです。


話の組み立てとしては時間も短いので結論を早めに持ってくればいいと思います。
 
 ・自己紹介
 ・本日のプレゼンの目的
 ・プレゼンのテーマに対する自分なりの結論
 ・結論に至った背景・具体的な根拠
 ・さりげない自己PR

資料を作る場合は「・結論に至った背景・具体的な根拠」のところをもっと掘り下げておく
必要があります。

NEW!ライバルに知られたくない内定獲得方法>>詳細

 <  前の記事 プレゼン面接〜即戦力を求める企業の狙い  |  就職活動日記トップ  |  次の記事 就職活動中のメイクについて  >